トップページ > メニュー

ヒーリングメニューと申込手順Healing menu & how to apply

ヒーリングメニューの選び方は、とてもシンプルです。

まず、対面か、遠隔かをお選びください
どちらも、ヒーラーとメールで直接調整し、お好きな場所・時間で受けて頂けます。

対面の場合は、エンライトメント・マスタリーヒーリングによるエネルギーワークをメインに、チャクラリーディングや傾聴カウンセリングを適宜取り入れ、総合的に不調の癒しおよびビジネス発展など理想実現をサポートします。

また、特別メニューも、ご用意しました。
【土地と家の浄化ヒーリング】と【ネガティブスピリットの封印ワーク】です。
霊査(リーディング)や修法などの特殊なアプローチを加え、
さらに状況に応じて、複数の高次元のスピリットを要するワークです。

ヒーリングメニューとセッション料金Spiritual healing menu & charge list

ヒーリングの料金を、2016年8月より改訂致しました。

※価格は消費税込の表示です。

ページトップへ戻る

特別メニューと料金Specail menu & charge list

こちらは、特別メニューです。

※価格は消費税込の表示です。

ページトップへ戻る

申込手順How to apply

1)メール(info☆kibinotakashi.com ☆を@に置き換え送信ください)・ 問合せフォーム・電話(080-4295-0202 softbank)のいずれかで、ヒーリングを受けたい旨をお知らせください。

2)お選び頂いたヒーリングメニューの料金をお支払ください。
 お支払方法は、クレジットカード決済または銀行振込をお選び頂けます。

 クレジットカード決済は、メニューにあるボタンをクリックすると安全な決済専用サイトに飛び、そのサイトから手続きできます。

 銀行振込の場合は、お申込のご連絡を頂いた後に、指定銀行口座の情報をお知らせ致しますので、ATM等でお手続きください。

 対面で出張の場合の交通費は、当日、現金にて実費精算をお願い致します。

3)ヒーリングのテーマ・セッティングシートをダウンロードして、記入後にFAX(03-5310-5072)、または内容をメール(info☆kibinotakashi.com ☆を@に置き換え送信ください)またはフォームにて、送信ください(記入後のシートを写メして頂いてもオッケーです)。

あるいは、お電話で口頭にてお伝え頂いても大丈夫です。

※ヒーリングのテーマのセッティングとは、【今のあなたが癒したいこと(心、体、ビジネス・お金、場etc)および、あなたが目指す方向性・理想】についてをお知らせ頂くことです。
これがヒーリング対象となるテーマです。

遠隔の場合、頂きたい情報としてはお名前・生年月日・住所・連絡先電話・写真・日時の第一希望、第二希望となります。

対面で出張の場合、頂きたい情報としてはお名前・出張先住所・連絡先電話および日時の第一希望・第二希望となります。

4)設定した日時にヒーリングを実施致します。

ページトップへ戻る

ヒーリングセッションの内容についてAbout healing session

セッションの流れsequence of the healing session

ヒーラーの施すヒーリングセッションにおいて、あなたのネガティブエネルギーがクリアリング(浄化、流出)され、ポジティブエネルギーが注ぎ込まれることによって、本来の活性化したあなたが取り戻せるきっかけを生み出します。

セッションでは、いったいどんなことをするのか、初めての方には多少の不安もあるかもしれませんので、キビノタカシのヒーリングセッションのシークエンス(流れ)について、下記におおまかに開示致します。

1)テーマセッティング(マイナスからゼロ、そしてゼロからプラス)
 病気平癒、対人関係、恋愛、お金など、人生の様々なテーマに関し、ヒーリングを経て得る状態のアフターイメージを明確にし、自分はどのようにヒーリングエネルギーを活かそうとしているのかテーマを設定する。

 もし仮に、問題点が不明瞭な状況にある方は、「この状況を脱すことのきっかけにヒーリングを必要としている」とテーマセッティングしても大丈夫です。

 急性の身体の痛みを取り除く目的なら、そのことだけに集中してもよいです。

 顕在化した身体の不調がない人や、既にある程度の成功を収めた方であっても、ヒーリングによる心のポジティブフィールド形成の加速が、さらなる身体の活性化とライフスタイルの発展へとつながるので、ヒーリングはとても有効です。

2)気持ちを落ち着けて、深呼吸
 天地のエネルギーをハートチャクラに集めます。

3)スピリットガイドを招聘
 スピリットガイドは、エンライトメント・マスタリーヒーリング創始者・キビノタカシのチャネリングコントラクト(魂の契約者)の相手です。このスピリットを介して、より安全に宇宙エネルギーの源泉に接続します。

ちなみに、強力な霊能力を使ってクライアントを直接リーディングする霊媒師系ヒーラーがいらっしゃいますが、やや危険と言えます。ダイレクトに接続されると、ヒーリングのテーマとは無関係な情報まで、読まれてしまうリスクがあります。例えば極端な事例ですが、仕事をテーマに設定したのに、まったく無関係な過去の堕胎の経験を読まれるなど、せっかくのヒーリングの時間が、かえって古傷を蒸し返され傷付く危険もありえるのです。

この点、チャネリングコントラクトを介した場合、不必要な情報は、ヒーラーにはブロックされるので、本当に集中して設定したいテーマに向けてヒーリングセッションを組み立てることが可能となります。

五芒星結界とエンライトメント・マスタリーヒーリング

4)ポジティブフィールドをつくる
 五芒星のパワーを用いて、結界を生み出し、エンライトメント・マスタリーのパワーを用いて、ネガティブエネルギーを焼き尽くし、ポジティブフィールドを創り出します。

5)7つのチャクラへのエネルギー放射
 第7チャクラから順に、第1チャクラまで、各々、エネルギーヒーリングワークを施してゆきます。

 もし、気になる部位があればそこ(急性の痛みならその部分)に、集中してエネルギー照射を致します。

 ヒーリングは、すべて非接触にて実施致しますので、女性の方でも完全に安心してヒーリングを受けて頂くことができます。

6)オーラへのエネルギー展開
 チャクラ全てにエネルギーが行き渡った後、チャクラからオーラに対してエネルギー拡大させていきます(インサイドアウトアプローチ)。

 通常時、人間はオーラからチャクラへエネルギーをもらっていますが(アウトサイドイン)、エンライトメント・マスタリーのエネルギーは、宇宙の根源からのものであり、それをチャクラにダイレクトで照射できるこのヒーリングでは、インサイドアウトのアプローチをすることで、オーラ層までも急激に癒すことが可能となります。

 物質体⇒エーテル体⇒アストラル体⇒メンタル体⇒コーザル体の順でエネルギー(光)を拡大し、その後、物質体を残し、スピリットを月まで瞑想で誘導し、さらに癒しを進めます。

7)エンディング
 グラウンディングを基本に、徐々に現実世界に戻り、目をゆっくり明け、最後のエーテル体コードを切断してから終了となります。

 スピリチュアルの世界が初めてという方は、少しイメージしにくいかもしれませんが、セッション中はとてもに安全で、かつ心身ともにホンワカと温かく快適です。どうぞご安心してヒーラーにお任せください。

※特別メニューの手順については、メニューの表中に記載してあります。

ヒーリングの効果の持続時間についてSustained time for effect of the healing

ヒーリングの効果には、素晴らしいものがあります。

具体的には、まずネガティブエネルギーが駆逐できれば、その開放感たるや、相当のものがあります(ただし、再びネガティブエネルギーを纏うような悪習慣を繰り返すことがないよう注意が必要です)。

次に、ポジティブエネルギーの作用によって、良くも悪くもいろいろな出来事がやってきます。特にヒーリング後の1週間以内にそれが起きやすく、大きな感受性の変化も併せて到来しやすくなります。

もっとも、受け取ったポジティブエネルギーは、ヒーリング当日から1週間くらいを最大ピークに、その後、ゆるやかに減衰していきます。もちろん個人差がありますし、抱えていた問題や課題の大きさや期間(場合によっては過去世からのカルマもある)の影響もあり、一概には断定はできませんが。

さて、ではどうしてポジティブエネルギーは減衰するのでしょうか。ヒーリングエネルギーに何か問題があるのでしょうか。

いいえ、実は、私たちが生きる空間に問題が潜んでいます。

どういうことでしょうか。

人間が生を得ているこの現実の三次元空間は、様々な波動エネルギーが混在しているフィールド(場)です。

ここに生きている限り、たとえどんなに強い人であっても、フィールドに漂うネガティブエネルギーの影響を、どうしても受けてしまうのです。

ネガティブとポジティブが出会うと、それは波動ですので、打消しあってしまうのです。

これが、エネルギーが減衰してしまう真因です。

このことからいえるのは、できればおよそ月に一回くらいのペースで、ヒーリングセッションを受けられるならば、あなたのベストな状態を常にキープできると思います。

もう一つのオススメは、あなた自身もヒーラーになり、セルフヒーリングができるようになることです。

具体的には、ヒーラー養成講座を受講して頂くことのご提案です。

確かに、少しだけまとまった投資が必要となりますが、継続してヒーリングセッションを受けることを考慮すれば、やがて元が取れてしまいます。

学習を続ければ、ティーチャーとして、あなたもヒーラーを育成することができるようにもなります。

ページトップへ戻る
Copyright(C) KIBINO TAKASHI. All Rights Reserved.